満願の湯
ホーム > お風呂

お風呂

 お風呂は、秩父の四季折々の自然と眼下を流れる奥長瀞渓谷の清流と満願滝を望む露天風呂。 お湯は、水素イオン濃度9.3phという全国有数の極めて高いアルカリ性が特徴です。

満願の湯のいわれ

満願の湯のいわれ 奥長瀞の日野沢川の美しい渓流沿いにある、日帰り温泉施設『満願の湯』は、日本百観音の結願寺、秩父札所34番水潜寺のふところに地下数百メートルから湧出した、高いアルカリ性とまろやかさを秘め、ロマン溢れる温泉です。

 今や多岐にわたり有効利用されている『満願の湯』の起源は、「時は天長元年(824)東国は大干ばつに見舞われ、五穀は勿論、人畜、草木に至るまで助かるべき法は手を尽くし、人は天に向いて祈らばその丈6尺余りの法師現れ、杖を持ち岩を突くとたちまち、水湧出、その様は滝の如くと云われた。」(不亭応賀誌より)
「必ず願いが満つる」すなわち満願である。秩父温泉『満願の湯』は、ここから名づけられたものです。     

 平成9年にオープンし、この秩父温泉『満願の湯』のこんこんと湧き出る源泉は、きわめて豊富であり、奥長瀞の緑に囲まれた露天風呂につかりながら渓流を眼下に全長15メートルの満願滝を眺めれば、心身ともに癒されます。
また玄関には、自然石を巧みに配し、武甲山や長瀞の岩畳をイメージした秩父の雄大な自然を感じさせる庭園がお越し頂いた皆様を出迎え、お肌に優しい当館の良質な天然温泉は湯治場としてもご利用を頂いております。心ゆくまでお楽しみくださいませ。

露天風呂

五感を感じる空間
秩父の四季折々の自然が堪能できる(味わう)。
新緑や紅葉の木のぬくもり(匂い)、そして、眼下を流れる渓流のせせらぎ(聴く)と満願滝を眺めながら(見る)入る露天風呂、大自然から感じるマイナスイオンは格別な雰囲気を味わえると思います(触れる)。
※ 露天風呂は源泉100%です。

すべての露天風呂から満願滝が望めます。
黄金(こがね)の湯・宝登(ほど)の湯/産(うぶ)湯に分かれております。
※毎週水曜日にお風呂が入れ替わります。

内風呂

内風呂 純和風の庭園が広がるどこか懐かしさを感じる大浴場です。
ジェットバスはマッサージ効果があります。高温サウナで汗を流し、水風呂(冷鉱泉)で血行を良くする作用があります。

いま忙しい日常から離れ、湯治の恩恵を受けストレスを解消し、心も体も癒されることでしょう。

*内風呂と水風呂は源泉100%(水風呂は、源泉を使用しておりますので気候により温度が変わります)

満願滝

満願滝
 当館全ての露天風呂から目の前に見ることができます。
勢いよく流れ落ちる水の音は、天然のBGMとして心地よくその優美な姿はいつまで見ても飽きることはありません。

春には桜   夏には新緑
秋には紅葉  冬には雪化粧

春夏秋冬の時の流れによりいろいろな表情をのぞかせます。

効能

特  徴 極めて高いアルカリのまろやかな温泉で常に新鮮なお湯が湯船に満ちております。また、飲める温泉です。
泉  質 単純硫黄泉(水素イオン9.3ph)アルカリ性、冷鉱泉
効  能 神経痛、疲労回復、慢性皮膚病、健康増進、糖尿病、美肌等々
入浴時間 10:00~21:00
温泉成分表
ホームお風呂お料理お部屋施設案内観光めぐり交通案内