ドコドン、ドコドン…。 胸の底に響く太鼓のリズムと共に豪華な屋台、笠鉾が街を華やかに彩る。 冬の予感を忘れる夜空に舞うスターマイン。これぞ秩父が誇る一年の総決算。

【秩父夜祭】

秩父の総社、秩父神社の例大祭。京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに「日本三大曳山祭り」に数えられ、毎年、12月2・3日に行なわれます。祭礼当日は絢爛豪華な2台の笠鉾と4台の屋台が曳行されます。 クライマックスは3日の夜で、最大20tもある屋台・笠鉾をお旅所への急な団子坂(だんござか)を引き上げる様子は大迫力です。この祭りは江戸中期、秩父神社に立った絹織物の市、「絹大市」(きぬのたかまち)の経済的な発展と共に、盛大に行われるようになり、その後日本を代表する祭りとして知られるようになりました。

%e5%a4%9c%e7%a5%ad%ef%bc%91%e5%a4%9c%e7%a5%ad%ef%bc%92