平成26年3月1日~11月18日まで12年に一度の秩父札所 午年総開帳が行われます。

普段、秩父札所34ヶ所の本尊は、秘仏として扉が閉じられています。観音様の御眷属(けんぞく)の馬にちなみ、古来より、12年に一度の午歳に扉を開きます。

秩父札所御開帳記念

満願の湯では平成26年3月1日~11月18日の札所総開帳期間中、特別なお食事プランを用意しました。この機会に札所34番水潜寺にも近い秩父温泉 満願の湯にぜひお立ち寄りください。

 

お食事プラン

◆春の御開帳弁当

春の御開帳弁当

2,400円《入館料+御開帳弁当+浴用タオル》

お食事のみの場合は、1,500円で承ります。

満願の湯 温泉水を使用し健康に気を配った郷土料理となっております。

《内容》
先付け:大根おろしのイクラ和え
小 鉢:刺身湯葉
お造り:鮪、鯛、甘海老のお刺身
煮 物:竹の子、芋、菜の花
焼き物:鰆、たらの芽胡麻よごし
サラダ:生野菜、ポテトサラダ
蒸し物:茶碗蒸し
椀 物:山菜椀子そば
おしのぎ:青菜と小海老の御飯
香の物:しゃくし菜漬け

*土日祝日は両プランとも100円増になります。

*要予約となります。(20名様以上)

 

 秩父札所午年総開帳 満願成就

札所本尊の観音像は通常は秘仏として厨子内に納められているが、12年に一度、午年に扉が開かれます。

秩父巡礼は、一番四萬部寺から三十四番水潜寺まで静寂な山村と美しい自然の風光を背景に一巡約100㎞程あります。この間、ある時は谷をわたり、山路をたどり、野づらを横切っての巡拝は秩父札所ならではのものでしょう。

西国、坂東、秩父の百観音の結願寺である水潜寺から、願いは必ず満ると名づけた『満願の湯』。巡礼路の疲れを、現代の湯治「満願の湯」へ

ぜひ、お立ち寄りください。 (水潜寺(結願寺)車で3分、徒歩で20分)

満願の湯 露天風呂  満願の湯

秩父札所午年総開帳に関する情報は

秩父三十四観音霊場|秩父札所連合会公式サイト

秩父観光なび

 

当プランのご予約・お問い合せ・・・

秩父温泉 満願の湯 0494‐62‐3026